Ray-Ban|レイバン

Ray-Banは1937年にアメリカ陸軍航空隊の委託でアメリカの企業ボシュロム社(Bausch & Lomb)が創立。
1999年に、ファッションブランドのアイウェア(メガネフレーム及びサングラス)を扱うイタリアのルックスオティカ(Luxottica Group S.p.A)に売却され、現在はルックスオティカグループの主力ブランドになっています。

「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」が設立時のコンセプトで、「紫外線100%カット」をはじめとする機能性重視のモデルが多かったが、1999年の売却以降は斬新なデザインを売りにしたモデルも多くなっています。
1986年に、アメリカン・ファッション・デザイナー協議会からThe World's Finest Sunglasses(世界最高級のサングラス)の称号を得ています。
世界的にもっとも有名なサングラス・ブランドのひとつで、世界中のセレブリティをはじめ、多くの方がRay-Banを愛用しています。

Ray-Banはドイツからアメリカへ移民してきた2人の青年の野望から始まりました。
アメリカでの成功を夢見ており、眼鏡職人として働き、眼鏡の輸入販売を行っていたヤン・ヤコブ・ボシュに、当時家具職人として成功していたヘンリー・ロムが60ドルを出資、この資金を元手にボシュは眼鏡店を開業するが、当初の経営状態は必ずしも良好とは言えませんでした。

ある日ボシュが道端に転がっていた硬質ゴムのかけらを拾い、「この素材を眼鏡のフレームに使う事は出来ないだろうか?」と考えた事により事業は好転します。
当時眼鏡フレームとして一般的だったのはアメリカ産の動物の角でしたが、衝撃などに対して非常にもろいという欠点がありました。
一方で生ゴムに硫黄を30〜40%加えて硬化させることにより製造されるこの素材は、軽く丈夫で、それまでの角で出来たフレームとは比べ物にならない高い品質を誇りました。
後に「バルカナイト」と呼ばれる事になるこの素材が、ボシュロム社の基盤を築く事になります。

1866年になると、それまでの「ジェイ・ジェイ・ボシュ・アンド・カンパニー」という社名を「バルカナイト・オプティカル・インストゥルメント・カンパニー」と改名。
バルカナイト製フレームは爆発的なヒット商品となり、彼らの会社を一躍有名にしました。
その後、1874年には光学分野にも進出し、顕微鏡の製造を開始。
さらに写真機用レンズの製造も手掛けるようになると社名を「ボシュロム・オプティカル・カンパニー」に変えたが、この頃には眼鏡フレームのみならず、様々な分野で成功を収める有料企業へと成長し、アメリカでもトップレベルの光学メーカーに成長した。
そうして間もなく、ボシュロム社はパイロット用サングラスの開発を手掛ける事になります。

依頼してきたのは、1923年5月に北米大陸無着陸横断飛行に成功したアメリカ陸軍航空隊のジョン・マクレディ中尉でした。
彼は飛行中に高空域における強烈な太陽光線を浴びる事で、それを原因とする眼球疲労と視力低下、そして頭痛、吐き気に襲われるという悩みを持っていました。
この経験から、マクレディ中尉はボシュロム社にパイロット用のサングラスの開発を依頼します。
それ以前にもパイロット用のゴーグルやサングラスは存在していましたが、その多くは単なる風避けが目的であったり、眩しさをごまかす色ガラス付きの眼鏡に過ぎない代物でした。
劣悪な状況で飛行しなければならない飛行士を救うために、ボシュロム社はパイロット用のサングラスの研究開発をスタートさせます。
しかしながら、目を太陽の紫外線から保護しつつ、対象物をしっかりと見る事の出来る高い視認性を保持するレンズの開発は難航し、完成までに6年という長い年月を費やします。

こうして1929年に誕生したパイロット用のサングラスには、のちに「レイバン・グリーン(G15)」と呼ばれ人気となったグリーンのレンズ(最初のグリーンレンズは、現在のグリーンレンズよりも色の薄いものでした。)が採用され、フレームも後のサングラスのデザインに大きな影響を与える事になる「ティアドロップ・シェイプ」を採用。
翌1930年には、合衆国陸軍航空隊がこのモデルを「アビエーター・モデル」として制式に採用しました。
この事によりサングラスはパイロットを象徴する存在となり、アメリカの強大な航空技術を背景に、世界中の空を駆け巡る事となります。

上に戻る

「アビエーター・モデル」が一般の人々にも知られるようになると、1936年にアビエーター・モデルは「クラシックメタル」(現在はAviatorという名称)として一般にも発売される様になり、翌、1937年、ついに、「光線を遮断する」という意味の「Ray-Ban」というブランドが誕生しました。

「The World's Finest Sunglasses(世界最高級のサングラス)」と称される品質で、時代を象徴するセレブたちも多く愛用するアイウェアのトップブランド、Ray-Ban(レイバン)。

アビエーターやウェイファーラー、クラブマスターなど伝説のベストセラーを数多く発表し、1937年誕生依頼、伝統を守りつつも卓越したデザインを兼ね備えたブランドとして、世界を魅了し続けており、日本でも多くの映画やドラマでRay-Banのアイウェアが登場しています。

Ray-Banが支持される強みの一つに、米軍のミリタリースペックを実現している高性能レンズを開発する技術力があります。
過酷な耐久テストを行い、それに合格したものだけを選び抜き、用途に応じてUVカットやブルーライトカット、偏向、反射防止などの機能を備えます。
タフな使用シーンを想定した防水・防油コーティングを施されたモデルがあるのも、正真正銘のミリタリースペックグラスが原点のRay-Banならではです。
また、Ray-Banのガラスレンズには、高純度光学ガラスを使用しています。
精巧なメガネレンズと同じ精度で研削・研磨を施す為、視力に影響する様な濁りやレンズ内の不純物がなく長時間の使用でも不快感や疲労感を感じる事がありません。

ガラスレンズではありますが、「特殊強化処理されたガラスレンズ」でハードな基準を大幅にクリアしています。

さらに多機能なレンズだけでなく、その後に続くサングラスの原点となったオーセンティックなデザインも、Ray-Banの魅力です。
時代に囚われない普遍的なスタイルは、今も尚サングラスの代名詞としての存在を確立しています。

上に戻る

Ray-Banが手掛けた数多くのマスターピースの中でも、伝説的人気を誇るモデルに「アビエーター」、「ウェイファーラー」、「クラブマスター」があり、Ray-Banのアイウェアのアイコンとも言えるモデルで、色褪せる事のない定番モデルです。

Ray-Banを代表する元祖ティアドロップ

Ray-Banブランド誕生のきっかけとなったパイロットグラス。
ヘルメットをかぶったままでも着脱しやすく、衝撃を受けた際には目を傷つけずに外れる様、ストレートのテンプルが採用されている為、バイク用としてもおすすめ。
ダブルブリッジに組み合わされた特徴的なティアドロップ型レンズは、人間の目の稼働領域をカバーし、視野を最大限に確保。
クラシックな雰囲気を漂わせながらも色褪せる事のない洗練されたデザイン。
ベースのデザインはそのままにクラシックタイプからモダンなタイプまでアビエーターだけでも様々なバリエーションを展開しており、フレームの素材やレンズのカラーによって雰囲気が異なる為、自分好みの一本をお選び下さい。

上に戻る

時代のカリスマが愛した永遠の定番

アジア人の顔に似合う事でも定評があり、日本でも不滅の人気を誇る一本。
Ray-Ban初のプラスチックフレームとして1952年に登場し、数々のハリウッドスターから音楽アーティストなど名だたる著名人から長きに渡り愛用され続けられているモデルです。
シンプルかつクラシックなデザインで、上品な着こなしからカジュアルなスタイルまで幅広く活躍します。
ノーズパットを少し高くするなど、アジアンフィットモデルも多数あります。

上に戻る

知的で優しい目元を演出するサーモント

1986年に誕生した、メタルフレームにハーフリムのブロウが特徴的な「クラブマスター」。
カジュアルさの中に知性をプラスした外観は、瞬く間に世界中でムーブメントを起こしました。
'50〜60年代ファッションにインスパイアされた、クラシカルながらもタイムレスな雰囲気は、現在も世界中のファンから根強い人気を得ています。
知的で大人っぽく仕上げたい方に是非おすすめです!

上に戻る
上に戻る

普段でもRay-Banを掛けていたいそんな方の為にメガネフレームも豊富にラインナップされています。

カジュアルなファッションからビジネス、ラグジュアリーなシーンまで、豊富なラインナップの中からお選び頂けます。

クラシックな表情が魅力の黒縁のスクエア型。
合わせるアイテムを選ばない万能タイプで、コーディネートの締め役に最適です。
注目すべきは、本モデルのみに採用されているオリジナルリベット。
バネ丁番を採用した柔らかい掛け心地に加え、日本人の骨格に合わせた仕上がりでフィット感も申し分ありません。

上に戻る

Ray-Banのニューアイコンとして人気を集めている「クラブラウンド」は、「クラブマスター」と丸みのあるシェイプのラウンドモデルを融合したデザインが特徴です。
ファッション性の高いスタイリッシュなフォルムは、スクエアや逆三角形の顔の人にお似合い。
スタイルのあるメガネなので、ミニマルな着こなしに遊びを添える感じで取り入れるとおしゃれ。
カジュアル、ビジネス、ラグジュアリーと幅広く活躍します。

上に戻る

着こなしのアクセントにぴったりなラウンドフレーム。
リラックス感のある雰囲気が印象的で、フレームはセル、ブリッジとサイドのテンプルにはマットなメタルというコンビで、フロントとサイドで違った表情が楽しめます。
普段使いにはもちろん、ビーチリゾートなどでの力の抜けた着こなしにもよく似合います。

今のトレンドにぴったりなおしゃれフレームです。

上に戻る
上に戻る

純正度付きレンズ対応可能!

ハラダでは純正度付きレンズも対応可能です。

Ray-Banの純正レンズでは、度付きにすると消えてしまっていたロゴが消えない為、Ray-Banのデザインのクオリティを落とす事がありません。

さらに歪みの少ないクリアな視界を実現する高性能レンズ設計とハイクオリティな加工技術により、仕上がりも最上級です。

ハラダはRay-Banの正規取扱店です。

世界中のセレブやアーティストをはじめ、数多くの人々を魅了し続ける「Ray-Ban」。
個性あふれる魅力的なモデルの中から、お気に入りの一本を見つけるなら、正規取扱店がおすすめです。
ハラダメガネでは、豊富なラインナップと商品知識で、あなたにぴったりのアイウェア選びをお手伝いさせて頂きます。