Line Art|ラインアート

咲き、満ちるしあわせのかけ心地

もっと快適に、もっと軽やかに、そして、もっと美しく。
心地よいメガネの先に、しあわせな笑顔がひろがりますように。
そんな思いと共に2009年、ラインアートは誕生しました。
目指したのは、世界のどこにもない究極のかけ心地。
シャルマンのスタッフ一人ひとりの心に宿る。
アイデアや工夫、情熱の種が結実して生まれた一つのメガネは、おかげさまで、10年の歳月のなかで大きく育ち、次々とたくさんの花を咲かせることができました。
そして、さらに先の未来へ、世界へ。
ラインアートはこれからも、あなたにそっと寄り添い、笑顔を咲かせ続けます。

目指すのは究極のかけ心地

かけなくても済むのなら、それに越したことはない。
でも、もしメガネをかけるのであれば、究極にかけ心地がよく、視力も守ることのできる確かなものをお届けしたい・・・これは、創業から50数余年、国内のみならず世界に発信するリーディングカンパニーと成長した現在に至るまでシャルマンのすべてのスタッフが、向かい合い続けている課題です。
ラインアートは、そんなスタッフの思いの結晶として、また、たくさんのお客様から寄せられるさまざまなニーズに応えるため、世界のどこにもないメガネの新しいステージを目指して、2009年に誕生しました。
かけた瞬間に多くの方が口にされるのが、軽さと安定感、フィット感への驚きです。
単に軽いだけで、ふわふわとずれてしまうのでは意味がありません。
メガネはレンズが目に対してきちんと正しい位置に保たれていることが何より大切ですが、優しくフィットしながらレンズをきちんとした位置に保つメガネを生み出すには、さまざまな制約がありました。
チタン合金の素材そのものの開発に始まり、頭部をふわっと包み込むテンプル設計と、耳の後ろで安定してホールドできるモダンパーツなど、細部に至るまでの独自の工夫を積み重ね、ラインアートの"究極のかけ心地"は生まれたのです。
あれから10年、おかげさまでブランドは大きく成長し、現在ではレディース、メンズ合わせて14のコレクションを展開、ラインアートは国内のみならず世界約100ヵ国の方々にお届けしてきました。
「一度かけたら手放せない」と、2本目、3本目と、コレクションをふやしていただけるお客様のご支持もいただき、選ばれるメガネとして10周年を迎えることができました。

上に戻る

ラインアートの心地よさの鍵となっているのは、頭部に寄り添う最適なバネ性と最適な圧力です。
しなやかさをもつ理想の金属を追求して、ものづくりは、素材そのものを新しく生み出すことから始まりました。
そして東北大学金属材料研究所との8年間の共同開発を経て誕生したのが、シャルマン独自の素材"エクセレンスチタン"です。
軽くて、バネ性に優れ、かけ外しの際にはびっくりするほどしなやかに広がり、元の形に戻ります。
また形状記憶合金でもあるので、最初にかけていただいた時の心地よさのまま、永くお使いいただける、まさに、メガネにとって理想的な素材。
このエクセレンスチタンを、テンプル全体にわたってふんだんに使用したラインアートだからこそ、他にはない最高峰の心地よさをお楽しみいただけるのです。
一方で個性豊かなデザインも、ラインアートのメガネを選ぶ楽しみの一つです。
ゆるやかなウェーブを描いたり、リズミカルなアクセントをあしらったりとバリエーションとカラーリングに富んだテンプルは、ラインアートの大きな特徴。
正面からだけでなく横顔までを美しく演出すると同時に、オリジナル素材であるエクセレンスチタンのバネ性を高め、フィット感と安定感をもたらすために計算し尽くされたデザインでもあるのです。
そしてその繊細なデザインは、独自のレーザ微細接合技術により形作られています。
それは、文字通りラインによるアート。
心地よさと美しさ、その両方を極めたモデルだけが、ラインアートを名乗ることができるのです。
メガネによるストレスから開放されれば、その先には、笑顔としあわせが待っているはず。
心地よいメガネの先にあるユーザーの皆様お一人お一人の笑顔を思い描いて、ラインアートはこれからも進化を続けていきます。

上に戻る
上に戻る

奇跡のかけ心地を生んだものづくりの情熱

それは、新しい素材やレーザ接合技術、安定して量産し市場に送り出すための加工機械までも開発し、進められたビッグプロジェクト。
ラインアートが世に出るまでには、素材の着想から数えると15年、本格的な始動からでも8年以上に及ぶ、長い物語がありました。
その長いトンネルを支え、ゴールに導いたのは、企画から開発製造販売にいたるまでを一貫して行ってきたメーカーとしての誇りと自信、そして、なんとしても一番の心地よさを届けたいという、現場の情熱にあります。
そして誕生から10年の歳月を数えた今日も、更なるかけ心地を追求するスタッフの取り組みは現在進行中です。
たとえば、品質へのこだわりをより確かにするための、独自の検査の実施。
より鼻当たりのよいノーズパッドを開発するためのチーム。
快適な圧力や接地場所、面積の研究。
また色やトレンドの傾向予想をもとにエクセレンスチタンでどんな色出しができるかに挑む女性だけのチームなど。
多くのプロジェクトが日々活動し、少しずつ鼻を開かせ初めています。
また、国立研究開発法人産業技術総合研究所と共同で日本人の頭部形状を測定しデータ化、より適切なサイズ設計に生かす研究は、国内のみならず、その後独自に海外でも実施されました。
世界の人々の多様性に対応し、フィット感と安定性を高めるために。
日本で、世界で、どなたにとっても一番のかけ心地となるために、ラインアートの取り組みに終点はないのです。
さまざまな工程を理想的に進めていくための工夫、改善を繰り返し行い、必要な機械は自ら作り出す、毎日進化しているものづくりの現場。
ここで働く一人ひとりが、ラインアートのしあわせのかけ心地を生み出す担い手です。
かける人に感動していただける存在であり続けるために、ラインアートはこれからも、前に進んでいくことでしょう。

上に戻る

2009年にデビューしたラインアート。
誕生に至るまでには、今までにないかけ心地を生み出したいという思いを抱いたスタッフたちによる長く熱い試行錯誤の日々がありました。
「使用する素材から生み出してしまったというブランドは、あまりないかもしれません」と語るのは、エクセレンスチタンの開発を担当した多田弘幸です。
「強くて丈夫で軽いチタンは、メガネの素材としてそれまでにも使用されていました。
でも、"究極のかけごこち"に欠かせないバネ性を叶えるには、純チタンでは硬すぎるし、形状記憶合金として知られるニッケルチタンにしても、飛行機や車などメガネ以外のために開発された素材なので使い勝手が良くはなかったのです」
理想の素材がないのなら、自らの手で生み出せばいい。
1995年から2年にわたりワシントン大学の材料工学研究室でチタン合金の超弾性について学び、2000年より東北大学金属材料研究所とともにチタン合金の共同開発をスタートします。
目指したのは、チタンが持つ特性にやさしさ、しなやかさをプラスした新しい金属。
その過程は想像以上に大変なものでした。
200種類以上の組成を調査し、合金組成の配合比率を探る毎日。
東北大学総長(当時)に助言を仰ぎ、ようやく塗装、メッキを行っても弾性を失わない金属配合率を発見できたのは、2006年のことでした。
その後、デザインや加工技術の開発を経てラインアートが誕生した時の感想は?
「農家の方があれこれ料理せず野菜そのものを食べてほしいと思うように、僕は素材屋なのでシンプルなデザインのメガネで良いと思っていたんです。
でも、思いがけない機能性と美しさを加えたメガネが完成して驚きました。
そうなると次はどんなスゴい素材を開発しようかと、こちらも新しい夢が広がります」

上に戻る

「デザインの参考にするのはメガネではないんです。
美術館に行ったり、時には美しい自転車や椅子にインスパイアされることも」と語るラインアート シャルマンのデザイナー、水野好子。
イメージを形にするためにはただデザイン画を描くだけでなく、実際に手を動かし、模型を作りながらアイデアを固めていくのが彼女のスタイルです。
「エクセレンスチタンの完成が見えてきていた2006年頃は、幅広で硬いテンプルのメガネが主流でした。
でも、今後はきっと柔らかなラインのやさしい印象のトレンドが来るような気がして・・・。
あれこれ考えているところに"バネ性のある新しいスゴい素材が完成した" "レーザ接合もできるらしい"と、デザイン室にニュースが飛び込んで来たのです。
新しいブランド、新しいデザインのために素材や工程の開発から取り込むことのできるメガネメーカーなんて、そうはありません。
これはデザインしなければ!と取り組みました。」
極細のエクセレンスチタンによるワイヤーアートというコンセプトのもと、水野は金属の線材とパールビーズを購入し、数えきれないほどの模型を作成。
そんな中の一つであった、後にクインテットとなるデザインは、接合部分が40ヵ所以上もあり、当初は量産不可能と言われました。
「私も試作を繰り返しましたが、製造スタッフも何度も工夫してくれて・・・。
誰一人あきらめなかったから、ラインアートが誕生したのだと思います」
誕生から10年、現在ではデザインのバリエーションも大きく広がりました。
「デザインを真似たメガネを見かけることもありますが、私たちがこだわっているのは素材と工法と一体となってかけ心地の良さを実現するデザインですので、かければすぐに違いはわかっていただけると思います。
かけた瞬間"あっ、やさしい!と感じる。
それが、ラインアートのデザインだと思っています"」

上に戻る

新素材エクセレンスチタンの開発と時を同じくして、レーザ微細接合開発担当の中村浩は、加工技術の研究に取り組んでいました。
「バネ性を特徴とする新しい素材の良さをメガネに生かすには、しなやかな素材の特徴を保ったまま加工することが必要です。
しかし通常のメガネの加工には素材が加熱される場面が多く出てきます。
特に、ロー付では接合部分を広い面積で加熱することによりバネ性が失われる心配がありました」
近い将来完成するであろう理想の素材をデザインしメガネとして仕上げるに当たって、加工技術が足かせとなってはならない・・・。
そこで中村が着目したのが、加熱の面積を最小限にとどめ、素材同士を直接接合するレーザ微細接合でした。
大阪大学接合科学研究所との共同開発が開始され、試行錯誤の結果、新素材にふさわしい独自のレーザ微細接合技術が完成したのは、5年後のことでした。
「メガネフレームの商品開発をジャパンメイドの新しい取り組みと捉え、経産省や福井県までがサポートに乗り出してくださったのもありがたかったですね」
レーザー接合にあたってはバネ性を保つことに加え美しさにもこだわったと中村は語ります。
「自動車など多くの工業製品では、使用されるお客様の目には見えない部分に溶接箇所があることが多いのです。
でも、メガネの場合は人目に触れる場所に接合面があるので、精度と強度に加え、より小さな面積で美しく接合することも求められました」
そんな努力に応えて完成したラインアートの初代モデルは、細いワイヤーを組み合わせ、究極のかけ心地と美しさを兼ね備えたデザインでした。
「レーザ微細接合を生かしたデザインのモデルが出来上がり、開発した身としては本当に嬉しかったですね。
だから僕は、それ以来、ずっとラインアートのメガネをかけ続けているんですよ」

上に戻る
上に戻る

かけ心地の先に花開き、輝く未来へ

メガネとジュエリー。世界に誇る職人の競演

誕生から10年という節目を記念して、ラインアートがさらなる"美しいかけ心地"を求めてコラボレーションしたのは、ジュエリーブランドのHIROUMI。
1930年の創業からハイジュエリーの制作を手がけるアトリエヒロウミの三代目である廣海貴晴さんは、1999年には技能五輪モントリオール国際大会にて日本人として初の金メダリストに輝いた宝飾職人です。
「ジュエリーセッティングを施したメガネを一緒につくりたいというオファーは、私たちのアトリエにとって新たな挑戦でした。
普段は素材としてプラチナやゴールドを使用していますが、硬さも粘りも輝きも異なるチタンという素材はちょっと手強く、でも、とても魅力的でした。
19世紀の初めにプラチナをジュエリーの素材として使用し始めた頃の職人たちは、もしかするとこんな気持ちだったのかもしれません。
硬く、それでいて小さな爪にも加工できるチタンは、ダイヤモンドなどの宝石をしっかりと留めることのできる素材だと思います」
ジュエリーセッティングを施したアニバーサリーモデルの制作にあたっては、ラインアートの本拠地である鯖江とHIROUMIのアトリエのある大阪で、毎日のように意見の交換や試作が重ねられました。
「シャルマンの技術スタッフは、みなさん、とても慎重で、仕事が丁寧。
ジャンルは違っても、ものづくりに取り組み姿勢で共感し合うことができました」
塊から5軸マシニングで削り出されたチタンのパーツをシャルマンで一番の技術を持つ職人が手仕事で一週間磨き上げ、そこに廣海さんが、宝石が最大限に輝くよう一石ずつ丹念に留めていく。
そんな気の遠くなるほど細かい職人同士のこだわりを積み重ね、華のあるショーピースとジュエリーモデルが完成しました。
HIROUMIとのコラボレーションに加え、10周年を記念したセレブレーションモデルも3型登場。
どれもかけた人の表情までも輝かせ、未来に向けて花開いたスペシャルピースです。

上に戻る

それは、ラインが奏でるアート。心地よさの彼方へと広がる組曲

すべての人を、しあわせで包み込む、ここちよい音楽のような存在でありたい。
そんな思いからラインアートは、2009年のデビュー以来ずっと音楽を愛し、音楽とともに歩んできました。
それぞれのコレクションに添えられた音楽用語のネーミングに加え、このたび、誕生10周年のアニバーサリーを記念して作曲家の浜渦正志氏による、組曲『ラインアート』も完成しました。

かける人に寄り添い、やさしく包み込み、ともに、心地よい暮らしを奏でたいという思いを曲にしたら、どんな音楽が生まれるのか・・・。
誕生10周年を記念した、組曲『ラインアート』のプロジェクトは、こうして始まりました。
作曲、編曲を手がけたのは、『ファイナルファンタジーⅩⅢ』など数々の名曲を世に送り出してきた、音楽プロデューサーの浜渦正志さん。
「初めてラインアートのメガネに触れた時、深みのある質感を感じました。
全く抵抗のないかけ心地で、またすんなり似合ったので、本物とはこういうものなのかなと。
音楽にまつわるネーミングも、手に取る人に立体感を持たせて商品の本質を伝えられていると思います。」
作曲にあたっては鯖江のシャルマン本社工場を訪れ、イメージを膨らませました。
「メガネという作品と大勢のプロフェッショナルの方々の距離が近かったのが印象的でした。
その世界を伝えられる楽曲にしたいと思い、作業音を収録して曲中に反映しています」
楽曲には工場でサンプリングされた、チタンがぶつかり合う金属音、レーザ微細接合の機械音などが効果的に使われています。
こうして、4つの楽章からなる、組曲『ラインアート』が完成しました。
長い生みの苦しみを経てビッグバンのように機が熟し、ラインアートの誕生を表現した「ネサンス」。
シャルマンの理想を形にした「うつくしいかけ心地」。
世界中の人を喜ばせたいという思いを描いた「世界のひとへ」。
そして最終章は、すべての方に喜んでいただけるメガネのために、燃やし続ける「エンドレスパッション」。
かける人を音楽のように包み込んで、心地よい世界につれていく。
そんなメガネであり続けたいという願いを込めた、組曲『ラインアート』は、今後さまざまな機会に発信を予定。
特設ウェブサイトでもご視聴いただけます。

上に戻る

五線譜に踊る音符から、無限の世界が広がるようにバイオリンやチェロの弦が、美しいメロディを奏でるようにエクセレンスチタンのラインが奇跡のかけ心地を奏でることを願って。
ラインアートは、誕生以来すべてのコレクションに音楽にちなんだ名前を冠してきました。
素晴らしい音楽が私たちを幸福にし続けるように次の10年も、きっとその先の未来も、ラインアートはしあわせのかけ心地という夢に向かって進み続けます。

VIVACE「生き生きと演奏する」という名の通り、躍動感のあるテンプルと、モダンでカジュアルなフロントに
OPERAドラマティックな歌劇のように、繊細な複数のエクセレンスチタンを束ねた、華麗な高級ライン
CHORUSいくつもの声が重なり美しい歌を響かせるように、フラットな5本のエクセレンスチタンをウェーブ状に重ねて
WALTZ3拍子で円を描くように踊るワルツをイメージして、3つのリングをラインでリズミカルに連ねました
QUINTETクインテットとは「五重奏」のこと。五線譜のように組み合わせたエクセレンスチタンが、優美な印象を演出
DOLCE「やさしく演奏する」を意味する名の通り、柔らかく立体的なラインでやさしさを表現しました
CANONテンプルからヨロイにかけてスタッズが繰り返されるさまを、カノン・・・輪唱のイメージと重ねて名づけました
TRIOやさしいカーブを描くテンプルの3つのラインとボールが三重奏を奏で、若々しいかわいらしさを演出
DUO「二重奏」のように、ミニマムな機能美と軽やかな掛けごこちが響きあうコレクションです
QUATTRO平線と丸線の4本のエクセレンスチタンを組み合わせた、構築的なテンプルが特徴の品格あるデザイン
LEGATO音の間を切れ間なく滑らかに演奏するかのごとく、並列した4本のラインが直線的に流れるようなデザイン
FORTE「強く演奏する」という名が表しているように、男性的な力強い印象のデザインが特徴のコレクションです
TENOR安心感のあるオーソドックスなフロントスタイルと、細身でシャープなテンプルラインが「男性の高音域」を象徴
BRIO「生き生きと、元気に」という名の通り、何にでも積極的に向き合う若々しい男性に向けたトレンド感あるデザイン

上に戻る
上に戻る